Navajo Sandpainting/ナバホ族伝統工芸サンドペイント・掛け時計<Pollen boy/Sun> 19J65

0円(税込)

ナバホ族伝統工芸品であり、祈りのデザインでもあるナバホアーティストのハンドメイドのサンドペイントもしくはサンドペインティング【砂絵】の掛け時計です。こちらはアンティークで見つけてきたものになります。

ナバホ族アーティストのハンドメイドによる作品になります!!
裏面の止め方がまさにハンドメイド・・・って感じです(笑)

時計の文字盤にはターコイズもつけられていて、しっかりとしたガラスの額のフレームも雰囲気抜群です。


<ナバホ族のサンドペイントもしくはサンド・ペインティング(砂絵)>とは
ナバホ族の古来より伝わる儀式の中で、ホーガンでみんなが車座になり、その中心の結界でシャーマン・・・メディスンマン(祈祷師・祭祀)が砂地の地面にシンボル・意匠を描く祈祷方法があり、ナバホ族にとってそれは「スピリットを呼び出す」という意味がある。その絵や図案には意味があり、書き留めることや撮影することは固く禁じられている。儀式の最後には、祈りが届いたとし、そのすべては消され、元の地面に戻すことで終了となる・・・
この儀式では修業を積んだメディスン・マンだけが描くことを許される。描く題材も神話や伝説、文様などがあり、聖なるスピリットを呼び覚まし、病を治癒しパワーを与えるための儀式に用いられている。

もともとは上記のように儀式のために描かれていたサンドペイントでしたが、1900年以降は接着剤のついた盤面に描かれるナバホ族独特のアート作品・工芸品・芸術品として、アメリカのサウスウエストの先住民アートとして評価され、現在も数多くのアーティストがこの工法を用いてアート作品を生み出しています。

ナバホ族の砂絵には、神聖な色とみなされている<赤・黄・白・黒・青>の5色の砂が使われております。

アーティストの個人個人の感性で作りあげられていく為、同じデザインでも、それぞれどこか違った作品に仕上がってます・・・・

ナバホの世界観や原風景を感じさせるクラフトで、ご自身含め、大切な方のギフトアイテムとしても、ドリームキャッチャーやマンデラと同様、インディアンカルチャーに陶酔してる方ならきっと喜んでくれるアイテムかと思います!


サイズ(額のサイズ)は28x28cm、厚さ7cmです。
多少の誤差はご了承ください。
こちらはアンティーク品となりますので、多少こすれや使用感、ネジの錆等ありますが、そこが年代ものの良さかと思います。


※暖色スポットライトの店内にて撮影しています。お使いのパソコン環境によっては、色合いが多少異なる場合がございます。予めご了承下さい

カテゴリーから探す